(42) ステレオ画像相関法による変形計測

概要

2台のカメラから対応点間の視差を利用し、深度情報を取得する手法「ステレオ法」と複数の画像から
対応点の探索、変位量を取得する手法「画像相関法」を組み合わせることで、観察対象の3次元座標
(x,y,z)の取得が可能となります。
FEM解析の妥当性検証に活用可能です。また、溶接順序の違いが溶接変形に与える影響を確認できます。

計測手順

① 測定対象にランダムパターンを塗布
② 2台のカメラで測定対象を撮影
③ 変形前後のランダムパターンの変位を解析し、変形量として出力

          

パンフレット

■溶接現象を可視化(ステレオ画像相関法・残留応力測定)
                      
                                                  

実施例

[8パスのすみ肉溶接]

お問い合わせ

お気軽に下記よりお問い合わせください。

受付時間:9時~17時 ※土日祝日および弊社休業日を除く

溶接研修・検定試験・資格取得

Webからのお問い合わせ

試験・調査

Webからのお問い合わせ

上記以外のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

top